【写真館 7 Photo Gallery Japan Festival(Japan Week) 2006 in Cairns】

Cairns ケアンズ (QLD)
10 /10 2006

2006 May 27th & 28th, Japan Festival(Japan Week) 2006 in Cairns.

Place : Cairns(QLD), Matsumoto Karate Dojo & TANKS.

Performance : Solo performed of traditional drum Osuwa-Daiko & Karate kata “SEISHAN(半月)”

cairnskarate1


cairnskarate


with_mrmatsumoto1

*Master Matsumoto sensei, the founder of Matsumoto Karate Academy. He received honorary citizen of Cairns, Queensland, Australia. He also has Australian Karate Federation (A.K.F) North Queensland Coaching Director.

 

blogrank

天空

Copyright (C) 2004-2011 Taiko Dojo Tenko All Rights Reserved.
無断でこのページに掲載されている記事・写真・映像の転載を固く禁ずる.
スポンサーサイト

Essay 4

Cairns ケアンズ (QLD)
09 /25 2006
May 2006, Cairns

「 M ~旅人 」


往路約 3,000km (往復 6,000km )レンタカーと共にケアンズに向かう。
cairns_car


ただただひたすら走り、ひたすら時間が流れていくのを知り、この過ぎ行く時を デステネーションとしてリアライズしていた。時間は待ってくれない。
センスレスネスな気持ちが時に パーパスを抱きそこに向かう行為に意味を持つ。それは理屈では語れない。 途中 North QLD に於ける壮大な SugerCornFarm の同じ景観が長く続いたが何故か心の平安をもたらした動と静寂の一帯。 変わり行く有機体は時代と様式を包括する。
方々途中下車含め結局ケアンズ到着までは 3 日間を要した。(一人ではゴシタイ)

道場にて出会った M のアイデリズム。
M とのエバルエーションは面白く反面 切ないテンションを追っていた。ほんの僅かな時間に微笑を見せ夢中に 話しかけられ、何らかのステートメントを送ってくる。 冷たさが悲しみに優しさが暖かみを望む。あえてサイレントリスポンスを 与えていた。

無邪気で純粋な子は光を与えてくれる。 その子はセンセテブでもあった。どこか知らされつつある過去に閉ざされた欲望の中にジェラシーが潜む。そんな行為に意味があったのかこの時点では分からない。状況に対するソルーションは分かり得なかった。

典型的な状況シチュエーション。静まった感覚からソロは始まった。

真実は奏でる時が最も表れる。聴衆或いは観衆のパセプション、捉えた真実は ベリーフで示された。聴衆のフェイシャルリスポンスとナチュラルなリアクション。

そして、ある一人の見知らぬ聴衆からそっとコメンタリーが発せられた。 何も言わずただ一礼。感謝。まだ“氣”はインテンションされる所に置かれている。 この間の価値、人に何かをもたらすか否か。何処に軸を置いているのか、 自分の行為の理由付けが絶え間なく起こっている。リミットレスな転換創作の中、 そこに於ける存在感、一個人の存在でしかない瞬間、行き先の成り行きは セルフ‐デナイヤルにナチュラルスタンスであった。その瞬間感じた出来事、思いを M は綴っている。 思えば微笑ましく額に汗して純粋に見えた一時一時の巡り合い。そこにも何らかの真実を残した。

「写真を一緒に・・・」と、その子のデマンドに答えてあげられなかった。理由はただタイミングの問題。 何気なく表情を寄せてきた M の行為にシンパシーを送れずにいた。あの場所、あの状況、あの瞬間には戻れない。 ゆっくり話す時間も無く写真一枚も撮らずに気の毒な思いをさせてしまった。

ケアンズを発つ朝、一通のメールが入っていた。瞬間を綴ってくれた素直な気持ちのリスポンスは心を打つ。そしてファイナルステートメントに「シドニーでお会いできれば・・・」と。そのグッドウィルを残して、あの子のピュアな面影が脳裏をかすめ、
その優しさに安らぎを感ずる。

本物以上に確実なものは無い。正確に文化を理解又表現するには、その文化の中で生活しなければならない。

Nothing is more authentic than the real thing.
It takes living and breathing a culture to really understand it and portray it. - ask your heart for the future.


合掌

御諏訪太鼓保存会  関口達夫


with_mrmatsumoto


cairns_karate


cairns_tatsu



blogrank

天空

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 総合不動産会社として1986年よりシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のサポート、事業投資、日本の企業、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・和食レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。