Essay 13 「 ~ 天鼓巡回 in Bangkok ~ 」

Thailand タイ
06 /03 2007
「 天鼓巡回 in Bangkok 」

1886年に日本とタイの修好宣言に署名がされ今年で120周年にあたるという。

外務省:「日タイ修好120周年」推進協議会より“御諏訪太鼓”の演奏巡回が記念事業として認定される。 (認定番号56番)

バンコクの現地学校を訪問し演奏そしてワークショップを実施する。
今回のすばらしい機会を通し、御諏訪太鼓代表曲「勇駒(イサミゴマ):Running Horse」を4日間に渡って延べ1,000人を超える生徒達にワークショップを開催し、和太鼓ふれ愛交流を計る事が十分に出来た。
「勇駒」は1998年の長野オリンピック閉会式での2,000人揃い打ち演奏曲という事もあってか、予想以上に反響が大きく子供達は情熱を持って打ち込んでいた。又、引率の先生方からもとてもやる気が感じられた。

とても有意義な時が流れた。
初日に受け持ったクラスの一人の女の子は演奏中になれないバチを使い誤って自分の指を3回程ぶつけて顔をしかめていたが最後まで必死に打ち続けている。
その子は私の姿を瞬き(マバタキ)せず見続け必死についてくる。
その表情と直向き(ヒタムキ)な姿に心打たれる。
こんな子供達に接する事が出来感動を覚えた。

過ぎ行くその感動。
時間の経過がとても早く感じられる。
全校集会での20分間に亘る御諏訪太鼓ソロ演奏でも多くの方々から激励を頂き心から感謝申し上げたい。

僅かな時間の中で「勇駒」を日本伝統芸能和太鼓である“組太鼓日本打芸”を皆が揃い打ち演奏出来るまでの成果を得る事が出来た。

多くの人々と一つの曲を打つ喜び、これは宗家小口大八師御諏訪太鼓の真骨頂である。
多くの生徒達から受けた感動の数々が心に深く刻み込まれた。
皆に喜んで楽しんで頂く事が何よりの励みである。

2007年の今年、学校創立50周年を迎えたBangkok Patana School。
これを機にここBangkok Patana Schoolは御諏訪太鼓の一支部として今後も活動していくという結果に至った。

いつか折を見て再び訪れる約束を誓いタイ・バンコクを後にした。

Bangkok Patana School、全校生徒2,000人・52カ国の異なる民族が通う学校であっても音楽には国境は無い。

機、我を非として当う者吾が師なり此為、鼓玄正派源流御諏訪太鼓流家元、師小口大八宗家始めとしてお世話になった方々に心から感謝を申し上げます。

Isami.jpg

合掌


御諏訪太鼓保存会
関口達夫




blogrank

天空
スポンサーサイト

「 旅路での寄り道 in Bangkok 」 ~時の流れ~

Thailand タイ
05 /13 2007
タイではバンコクに住むT君と約3年ぶりの再会となった。
当時と比べると随分と肥えたT君の印象を受けた。彼は生粋のタイ人である。

タイの人々は、タイ王室プミポン国王に対する尊敬の念を抱いている。又、タイでは曜日毎にその曜日の色が決まっている習慣がある。
月曜日にタイ国民の多くが黄色のポロシャツを着ていた。なぜなら国王陛下が月曜日生まれで、黄色は国王陛下のシンボルカラーだと言う。実は私も学校より1着頂いた。これが意外と自分に似合い驚いた。気分はタイ国民である。

そう話をT君に戻そう。
彼との出会いはシドニーでの出会いに遡る。私の訪豪間も無い頃TAFE(テーフ)語学学校、Ultimo(ウルティモ)キャンパスで知り合った。その頃はお互い飲みに行ったり、飯を食べに行ったりする事が多かった。その後しばらくして彼は母国タイへ帰った。

5月1日はタイの祝日で学校も休みであった。従って私も休日となった。
この日はT君と彼の友達含めて3人で観光案内をしてくれるとの事でT君の車で出掛けた。この時期は雨季の為あいにく朝から雨が降っていたがお構いなしに決行する。
Tou.jpg

まずは、タイ名物“象乗り”散策の出来る場所があるという事でそこへアユタヤに直行する。交通渋滞もありホテルから2時間近く掛かったであろうか。
無事アユタヤへ到着。この時期日本ではGWという事もあってか日本人観光客がかなり多かった。そんな中に混じり一人象の背に乗り20分間左右に揺られながら象乗り隊列を満喫した。
zou1.jpg

zou2.jpg

その後はユネスコ指定世界遺産である「 アユタヤ王朝の遺跡 」、隣接する寺院を訪れた。
3tou.jpg

2tou.jpg

Iseki.jpg

14世紀から400年以上続いたというアユタヤ王朝は、18世紀にビルマ軍との戦に敗れ滅亡する。現在その当時の象徴である3つの塔が勇壮に残っている。この場所その物がタイ王族の歴史を物語っている。
Step.jpg

seiza1.jpg

seiza2.jpg

Lady.jpg

Ogami.jpg

Naname.jpg

tera.jpg

Gold.jpg

この遺跡、夜はライトアップされ荘厳な別世界を映し出すという。残念な事にこの遺跡一帯は随分と所々崩れて崩壊している状態である。又、朽ちた仏像が多く見受けられた。是非とも手直しし維持保存をして頂き、末永く後世に残して欲しい遺産だと考える。
butsuzo.jpg

zou3.jpg

この1日は程好いタイ観光が十分満喫できた。
私の為に時間を割いてくれたT君ありがとう。


The new Suvarnabhumi International Airport Bangkok, Thailand
airport2.jpg

thai-airport.jpg




blogrank

天空

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 総合不動産会社として1986年よりシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のサポート、事業投資、日本の企業、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・和食レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid