【写真館 17 Photo Gallery in N.Y.C】

NewYork ニューヨーク (NY.NZ)
10 /14 2007
~ Visited on May 2007 ~

20071105065222.jpg

DSCN0166.jpg

43127cce9854864b4eba000000271080[1].jpg

banzai.jpg

kizami.jpg

seijouki.jpg

DSCN0148.jpg

DSCN0149.jpg

8548612cfd300000027108yzcs0[1].jpg

985486134ee200000027108zcs0[1].jpg

31298548614cfd500000027108yzcs0[1].jpg
Photo by Janet.Y

DSCN0105.jpg
「 MADISON SQUARE GARDEN 」

DSCN0181.jpg

RSCN0183.jpg

DSCN0107.jpg

「 Empire State Bldg 」
DSCN0108.jpg

DSCN0109.jpg

DSCN0177.jpg

DSCN0140.jpg

DSCN0106.jpg

DSCN0111.jpg

DSCN0112.jpg

「 Ground Zero & Wall St 」
DSCN0128.jpg

DSCN0125.jpg

DSCN0115.jpg

DSCN0116.jpg

DSCN0117.jpg

「 Central Park ~ Times Square 」
DSCN0139.jpg

DSCN0135.jpg

DSCN0132.jpg

DSCN0133.jpg

DSCN0130.jpg

DSCN0158.jpg

RSCN0163.jpg

486d6cf1700000027108yzcs0[3].jpg

86db4e2a00000027108yzcs0[2].jpg



Copyright (C) 2004-2011 Taiko Dojo Tenko All Rights Reserved.
無断でこのページに掲載されている記事・写真・映像の転載を固く禁ずる.

スポンサーサイト

Essay 14 「 ~ 天鼓巡回 in N.Y.C ~ 」

NewYork ニューヨーク (NY.NZ)
06 /03 2007
「 おむすび 」

5月26日、この日は由緒あるエリス島(Ellis Island)に於いての和太鼓演奏日であった。
この島はマンハッタン(Manhattan, NY)からは僅かの距離にあるがNew Jersey州(NJ)に位置する小島である。又、この小島はかつてのアメリカ移民管理局の建物である。

当日早朝“Battery Park”へ集合し島までフェリーでの移動となる。
フェリーはリバティ島とエリス島へ渡航する為、朝から乗客の長蛇の列が出来ていた。わずか数分の間にとんでもなくこの列が長くなっている事に気がつく。N.Yへの観光客は必ずこのフェリーコースが観光に含まれている。
私達団体は“National Park Service”による優遇特別ルートでセキュリティー検査を済ませ早々に搭乗できた。フェリー搭乗後、早くも右手には巨大な自由の女神像が視界に入ってきた。そして、マンハッタンの摩天楼の街並みもフェリーから一望できる。
20070603161052.jpg

アメリカを象徴する自由の女神像。
20070603160318.jpg

フランスからアメリカ合衆国の独立記念百年を記念し1886年に贈呈されたという。
そんな束の間にリバティ島に到着した。私達はここでは降りずにエリス島へ向かった。エリス島が今回の演奏会場である。紐育太鼓愛好会のメンバーと共に上陸する。

エリス島は自由の女神像が立つリバティ島(Statue of Liberty)に近接している。
musium.jpg

かつてアメリカへ移住を希望する移民の入国移民管理局があった場所で、現在は博物館になっている。赤レンガ造りの建物が1954年までの約60年間に渡って移民局として機能していた。

Ellis Island Immigration Museum、上階にあるかなり広いホールがかつての入国審査場である。
赤レンガ造りの建物のホール内にはいかにもアメリカらしく大きな“星条旗” が両端に掲げられていた。かつての13の植民地を表す赤と白の横筋模様に50州を表した星の数。
seijouki.jpg

もう一度申し上げるが、ここはかつてヨーロッパを始め世界各国からアメリカ合衆国へ移住を希望する移民者の移民管理局があった場所である。かつての先人達(日本人も含まれている)が夢と希望を抱き上陸入国し50州に点在して行った。その先祖を持つ今の世代の者は我々とは違った面持ち、感情を持たれている。アメリカ合衆国は彼らを称え当時の移民者の名前が博物館横にある石碑に刻まれている。
長い時が刻まれた今日(コンニチ)、縁があって私はこのアメリカ合衆国の歴史が刻まれた格式と品格あるこのホールにて日本太鼓伝統芸術打芸を演奏させて頂く。
banzai.jpg

kizami.jpg

ここでの“Asian Pacific American Heritage”というイベントに於いて“マンハッタン太鼓”と“紐育太鼓愛好会”そして小生のソロ演奏、“御諏訪太鼓”を奏した。
波動が響き、轟き、韻り余韻する。そして、共鳴高潮作用を引き起こす日本鼓道。
ここのホール内はEchoがかなり効いており、日本文化の象徴である和太鼓の音色は敏感に反響“やまびこ”していた。
Ensou.jpg

JanetAlanPeter.jpg
Photos by Morgan & Janet

演奏を無事終了、片付け梱包荷積みをし終える。
その後外のテラスでメンバーの方々と景色を眺めながら昼食をとった。
自由の女神像そしてマンハッタン(Manhattan)からブルックリン(Brooklyn)にかけての景色が一望できる場所であった。
20070617094903.jpg

私はCaféでCappuccinoとMuffinを買った。
昼食最中メンバーの日本人の方より“おむすび”を確か4つ頂いた。
ほんとに旨そうなおむすびで自分にとっては何よりの御馳走であった。
郷里岡谷小学校での春の遠足で行った“やまびこ公園“で食べた“おむすび”を彷彿させる様な感覚だ。
やっぱり自分は生粋の日本人だなーとつくづく思う一時である。
実際のところ購入したMuffinは食べずに“おむすび”に舌鼓を打っていた。
メンバーの皆様、おいしい“おむすび”を頂きまして有難うございました。

この日は週末と言う事もあって地下鉄がSouth Ferry駅まで走っていない。
一部の間隔が運休している様だ。
(シドニーでも週末はよくある光景なので状況は理解出来た。)
帰りはBusでHotel近くまでの移動となった。Busでのマンハッタン巡りも悪くないと考えた。Busに乗車すると、Busドライバーが自分に興味を持ったらしく運転手の後ろに座れと言われ、自分は斜め後ろの席へ座る羽目となった。自分に色々と質問をしてきた。「ニホンノドコカラキタンダイ?」「ケッコンハシテルンカイ?」「イツマデN.Yニイルンダイ?・・・」と言った世間話をしている間に“Penn Station Madison Square Garden”が見えてきた。そこで下車しドライバーに別れを告げた。
良くも悪くもN.Y初のBus乗りはちょっとした思わぬ人との出会いで楽しくなるものである。



「 ハーレムに迷う 」

5月27 日は午後から名門コロンビア大学構内(Columbia University)に於いての御諏訪太鼓演奏Workshopの予定があった。
何分土地鑑が無く不慣れな街である為、迷ってはいけないと思い11時前にはHotelを出た。地下鉄に乗り事前に聞いていた“W116 St”にて下車し地図を片手に指定された場所へ向かった。会場へは12:15に行けば良い事となっていた。
随分と早く駅に着いたので一人駅の界隈を歩いていた。如何せん好奇心もあり折角N.Yへ来たのでと時間に余裕があった為、更に足を延ばしてみた。その内明らかに道に迷っている自分に気がついた。公衆電話を掛けようと思ったが小銭¢50が無い。
どうやら完全に道に迷ったらしい。

街路には多くの黒人が見受けられる、時間は刻々と過ぎていく。

ふと見ると携帯電話を片手に歩いてくるガタイのいい黒人に声をかけた。
「ここは何処ですか?自分はここに行かなければならない。」とこんな具合に話した。
彼は、大きな微笑(Big Smile)を浮かべてこう言った。「ココハHarlemダ!」と言う。
イヤーあの噂に聞いていたハーレム街であった。(あちゃー。あちゃ・・!?)
Marcus Garvey Parkという公園付近で迷っていた。
どうやら彼は自分に興味を持ったらしく色々と質問をしてきた。
「君ハ日本人カイ?」「ああ、いかにも生粋の日本人だ。」とChatting会話が始まった。
「何ヲシニココヘ?」「いやーだから道に迷って・・・・。ホントはここに行きたい・・。」そして、電話を貸して欲しいと伝えた。彼は「ドウゾ。」と差し出した。だが自分は使い方が良く分からないので手っ取り早く携帯番号を伝えた。

電話が繋がったらしく彼は担当のTさんと話している。Tさん自身も誰だかわからない人からの電話で戸惑っていた様だが、彼の律儀で紳士的な説明の上、事の状況を理解したらしい。Tさんは随分びっくりされていた様であった為、自分に電話を代わり改めて事情を説明する。

彼は「Taxiニノッテイッタラスグダ!」と言う。彼は更に大きな微笑を浮かべ自分を見つめている。その後、彼は親切にTaxiをつかまえて自分を乗せてくれた。無論運転手は黒人。
彼はここへ行ってくれと運転手に説明している様だ。
しかも驚いた事に彼がTaxi代を払っているではないか!?(あちゃー。あちゃー。×2)
ホント面目ない。
「Taxiダイハオレガハラウカラキニスルナ! Mr. Taiko Drummer!!」と言っていた。

体中からJazzリズムを発散させているような一人の出会った黒人の印象。
彼は本当に気持ちのいい男である。
別れ際思わず写真を撮り、名前を聞いたが忘れてしまった。
私はこの機は稀な一期一会と悟り、御諏訪太鼓宗家小口大八師匠から頂いていた“御柱(オンバシラ)お守り”を彼に授けた。
そして私は後ろ髪を引かれる思いでハーレム街を跡にした。

ようやく会場へ到着。
お迎えが2人、エントランス入り口にて待機されていた。
「皆さん遅れてすいませんでした。」その後、何事も無かったかのように御諏訪太鼓代表曲“飛龍三段返し”の曲演奏Workshopが始まった。

N.Y, Harlemで出会った黒人の友。
彼は自分にとって守護神(人)であったと今振り返る。
Mr.守護人。いつかきっと再会できるであろう。
Block.jpg


New York City is simply because it’s one of the most vibrant, energetic cities in the World.
All connected, all are linking that way of Traditional Japanese art Taiko.
That’s part of my life.
I am proud of being Japanese.


時を刻む道“日本鼓道”。
永遠に満足感は無い。
N.Y天鼓旅路の道標(テンコタビジノミチシルベ)。
鼓玄正派源流御諏訪太鼓流家元、宗家小口大八師を始めとして今回お世話になった現地の皆々様に心より感謝申し上げます。

kodou.jpg

kokun.jpg

合掌


御諏訪太鼓保存会
関口達夫


blogrank

天空

「 ~ 紐育紀行記 ~ 」 ~時の流れ~

NewYork ニューヨーク (NY.NZ)
06 /03 2007
「 時を刻む一人旅 」

5月23日Sydney空港1:45pm発United Airline便でLos Angelesまで所要時間がおよそ14時間。L.AからNew York間はUnited AirlineのDomestic便に乗換えとなった。この間の飛行時間が約6時間である。SydneyからN.Yまでの総所要時間が20時間程となる。私は過去にこれだけの長い飛行時間の旅というのは記憶に無い。機内では殆ど寝ていた気がする。

アメリカ最大の都市N.Yが近づくにつれての上空から望む景色はアメリカ大陸の壮大さと共に密集する住宅群と高層ビル群がN.Yという街の大きさを映し出していた。飛行機が大きく旋回してケネディ空港へ着陸する準備を整える。高度が徐々に下がっていく。機内放送が流れている。N.Yの天気は快晴だ。胸の高鳴りと共に自分は小口大八宗家御諏訪太鼓を奏しに来た事を再認識する。観光旅行と違った面持ちでN.Yへ降り立った。


「 夜のBig Apple 」

New York現地時間23日夜、JFK空港(John F. Kennedy International
Airport in New York, U.S.)に無事到着する。
ここN.Yは別名“Big Apple”と呼ばれている。1930年代Jazzミュージシャンの間では憧れの場所N.Yを通称“Big Apple”と呼んでいた事が発祥だという。
私自身アメリカ西海岸は過去に数回行っているが、東海岸は今回が始めての滞在となる。空港では靴を脱ぎそして靴の中をチェックすると言ったはなはだしい厳しい通関チェックを通過しU.Sへ入国した。9.11.2001以降は極めて厳しい入国検査が徹底されている。
空港ロビーには“紐育太鼓愛好会”(御諏訪太鼓、小口大八宗家命名)のメンバーの方であるFさんがお迎えに来て下さった。この方は2人の息子さんと共に親子一緒に太鼓稽古をされている方である。
早速“Super Shuttle”と呼ばれるVanに乗り、夜のニューヨーク“Manhattan”にある宿泊先Hotelへ向かった。
30分程するとマンハッタンの高層建築“摩天楼”群が視界一面に広がる。
一際目を引いたのが赤く映し出された“Empire State Bldg”であった。
20070603111031.jpg

夜の街マンハッタンをすいすいすり抜けていくVan。
平日の夜ではあるが人出が多く活気がある。きっと週末ともなるともっと賑やかなニューヨークの夜の街が映し出されるであろう。
滞在先となるホテルはこの“Empire State Bldg”近くにあるはずだ。
やはり街の中心部にあった“THE NEW YORKER Ramada”。部屋は28階であった。
到着したこの晩は通称Korean街と呼ばれる一地区にある雑居ビル内の韓国B.B.Qレストラン“Seoul Garden”へ夕食を食べに行った。韓国料理となると普段はかなりの量を食べるがこの晩は意外と少食であった。飛行機におよそ20時間も乗ってきて、たいして体も動かしていなかった為かどうも胃が収縮していた様だ。体は正直に反応する。それでも美味しい料理と白米には大満足した。
Hotelへ戻る途中で地下鉄Subway, MTAの乗り方を聞く為、Subwayへ立ち寄った。
明日は一人でマンハッタンの街を気ままに散策しようと考えていた。


「 Downtown-Ground Zero & Wall St 」

5月24日朝。
Sydneyとの時差が-14時間有るせいか、早朝5時半頃に目が覚めていた。
それでもベッドの中でうとうとしながら、今日の予定行動を考えていた。
何だかんだで、Hotelを出たのが8時半過ぎであった。目の前には夜とは違った顔の“Empire State Bldg”が堂々とそびえ立っている。
20070603113457.jpg

人口800万人を越える世界屈指の経済大都市“ニューヨーク”。
このホテルの斜向かいには“Madison Square Gardens”があり、さらにその先には有名な“Broad Way”がある。ブロードウェーは以前から聞いていたが実際こうして見て歩くと多くの劇場が軒を連ねる華やかな大通りだ。南北に延びる目抜き通りで、いかにもニューヨークらしい賑やかさがある。ふっと思ったが、実は自分の住んでいるシドニーにもBroad Wayと呼ぶ地区があるが、さすがに全く似ても似つかない規模である。
20070603111132.jpg

20070603111226.jpg

20070603111334.jpg

Broad Way沿いのCaféで朝食を取った。
その後、MTA(地下鉄)に乗り南下しDowntownへ向かった。
South Ferry駅まで行った。ここの駅を降りた一帯は“Battery Park”と呼ばれる公園である。その界隈をのんびりと散歩する。ここの一角に戦没者を称えた慰霊碑がそして道を挟んで勇気ある移民者を称えている象徴のブロンズ像が道行く観光客の目を引いている。
washi.jpg

20070603112920.jpg

そこの公園を離れ世界の金融市場を動かすウォール街“Financial District”区域へ足を延ばした。まずは、グラウンド・ゼロ(Ground Zero):世界貿易センタービル(WTC)崩壊跡地へ行った。跡地はこの区域の一角に属する。既に新しいビルの建設が始まっており、9.11.2001の面影は無い。ただここは明らかに同時多発テロの被災地である。その事実を記した犠牲者を偲ぶ大きな壁画が隣り合わせのビルの外壁に埋め込まれていた。ちょうどPizza屋のテナントが入ったビルの裏通りにあたる。この場を訪れる人達が足を止め見入っている光景の中には涙する人も見られる。当時の事の悲惨さを認識する。
20070603113903.jpg

20070603113940.jpg

20070603114021.jpg

20070603114047.jpg

このPizza屋でCokeとPizzaを買いベンチに腰掛けて昼食を取った。ゆっくりと周りを見渡した所、この先にWall Street(ウォール街)がある。早速歩き出す事にした。昼休みという事もあってか多くのビジネスマンが外で昼食を取っていた。このWall Stに面して“NY Stock Exchange”ニューヨーク証券取引所がある。この建物正面に掲げられていた巨大なアメリカ国旗は、アメリカ経済の象徴を意味している様であった。
20070603114524.jpg

金融街(Wall St)を抜けて、“Museum of the American Indian”アメリカンインディアン博物館を訪れた。インディアン先住民族の歴史を顧みる。多くの資料展示品の中、アメリカ合衆国のインディアンに対する畏敬の念が伺える。30分程で博物館を後にし、再びSouth Ferry 駅から地下鉄に乗る。地下鉄では列車が到着する毎にキーキーと大きなブレーキのきしむ音がやけに耳についた。あまりの音に耳をふさぐ人も見受けられた。私は列車に乗り34St Penn Stationで降り界隈の店を見て回った。ある靴屋で黒人の店員が話しかけてくる。「 どうだい調子は? 」と、まあこんなFunkyな感覚の乗りである。見た目はFunkyだが人は悪くなさそうだ。道行く多くの黒人は似た様な容姿ファッションで意気揚々と街を歩いている。特異な都市である。これがいわゆる“New Yorker”という事であろう。


「 Broad Way 」

Hotelに戻ると、電話にMessageが残されていた。Fさんから「今夜ミュージカルを見に行きませんか?」というお誘いであった。自分も特別予定も無かったので早々電話をして行く旨を伝えた。
“Broad Way”は“Union Square”からは南北に斜めに延び、又Union Squareを南下し“Financial District”迄続く大通りである。その一角の“Union Square Theatre” で「MAYUMANA」というMusical Showを観賞する。夜の8:00開演である。早めに会場であるシアター窓口でチケットを受け取った。開演まで1時間程時間があるのでUnion Squareに直面する“Heartland Breweries”という地Beer工房が店内にある、洒落たPubに入った。平日の夜であったがほぼ満席、運良く2人で腰掛けるテーブルがあった。Fさんと地ビールを飲みながら世間話に花を咲かせた。パッと時計を見ると8:00近くになっており慌てて店を出て会場へ向かった。随分と座席は埋まっていたが、特等席が空いておりそちらへ座らせて頂いた。絶好のポジションで観賞させて頂いた。彼ら出演者はイスラエル、スペイン系出身者で、多くの打楽器に見立てた身近にある物、例えばゴミ箱、バケツ、バスケットボールといった多種多彩な物を使いリズムに合わせて踊るエンターテイメントである。観客を飽きさせない様に上手く構成されたShowであり自分もしばしば大笑いし楽しいShowTimeであった。それと共にやはり本場Broad Wayに於けるPerformerは大きな夢を持ちながら日々演技に磨きをかける情熱が伺い知れる良い機会であった。

「 Central Park ~ Times Square 」

5月25日、この日は丸1日自由時間である。
Hotel内のRestaurantで朝食を済ませる。Hotelを後にして早朝の街並みを歩いた。ここは街中という事もあってなのかN.Yは地下鉄をはじめ交通移動手段が充実している事に驚く。私の様なN.Y初心者でも意外とあちこちへ出掛ける事が容易い。この日も地下鉄に乗った。目的地は“Central Park”である。地図上で見た限りではかなりの敷地である事が伺える。“72 St”で下車した。自分でも何故かわからないが、この辺りでいいだろうという気ままな動機で降りた。早速、道行く女性に声を掛けCentral Parkの場所を聞き確認した。ここからは10分足らずで行ける。2ブロック程歩くと公園らしい林が見えてきた。横断歩道を渡り、公園に足を踏み入れた。直ぐに何だかわからない人だかりが見えた。近くに行って見ると“IMAGINE”と地面に書かれた排水溝の蓋の様な物が目に入った。ちょうどメンテ(Maintenance)をしている最中であった。イマジン(Imagine)と言えばやはりジョンレノンが浮かぶ。案内板を読むと、どうも彼とWifeであるYoko夫妻が生前多額の寄付をしてこの記念のObjectがある様だ。近くにいた方が写真を撮ってくれると気を使って言い寄って頂いたが、自分はこの地面の部分だけここへ来た記念に撮った。因みにこの場所一帯は“Strawberry Fields“と呼ばれている。
20070603115005.jpg

20070603115054.jpg

Lake.jpg

“72 St”で下車した事が、非常にラッキーであった事をこの後、直ぐに認識する事になる。近くの湖(The Lake)を覗くと絵描きに出会った。ちょっとN.Yの喧騒から離れ、ゆっくりくつろげる自然豊かな環境に浸らすことは人間の微妙なバランスを保つ事になると感じた。それからしばらく歩いていたがとんでもなく公園が広い事に気がつく。とても端から端までは今日は行けないと思った。頃合いを見計らい公園を後にした。何気なく下車した“72 St”駅。そして同じ駅から地下鉄に乗り“Times Square”駅にて降りた。ちょっと雰囲気を見ておこうと言う好奇心からである改札口を出ると、きらびやかなネオンと無数の看板が目に入ってくる。東京新宿に似たイメージであったがN.Yはもっと活気付いている。時間も余り無くゆっくりと滞留出来なかったがEnergeticなN.Yの一角であった。
20070603115320.jpg

20070603115351.jpg



blogrank

天空

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 総合不動産会社としてシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のサポート、事業投資、日本の企業、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid