「 今、空手道に思う 」 ~ 時の流れ ~

沖縄正統日本空手道 啓心館シドニー道場
07 /31 2008
~日本空手道啓心館(高沢正直先生)50周年記念に寄せる手記~

今昔追懐の情、
昭和38年(1963年)、私の父は岡谷市空手体育協会空手部に所属していた。そこで、初代部長であった高沢正直先生と共に黙々と空手道の稽古に汗を流していたという。日本空手道啓心館の前身である。当時の凄まじい稽古は現在のモダンな稽古スタイルとな大きく対比しているという。巻き藁突きの徒手空拳鍛錬、試割り、又この当時の組手稽古では剣道の防具を使用していたという。この年、父は当時Toyama-Kanken:遠山寛賢先生より弐段範士の證を授与される。その後、高沢先生により東京都板橋区に日本空手道啓心館の本部道場が設立された。
Dad Enbu 1
(上3枚:In 1963 at Okaya-City, Above from far right Master Takazawa & My father as Kata-Bunkai & Breaking :父、型の分解。解説、高沢先生。)
(下4枚:In 1963 at Okaya-City, Below from Breaking and Okaya-Dojo all member after the Demonstration & My father Sparing :父、試割り、組手。中央に高沢先生と道場生との写真:何れも昭和36年当時岡谷武道館に於いての写真である。)
Dad Shiwari 1
In 1963 at Okaya-City DOJO. Above the second my father from the left & the middle Master Takazawa.
KSK1963_convert_20090507103011.jpg

当の私自身は、実家近くの下諏訪支部道場へ通い、確か20歳頃に初段の免状を得た。その頃、父も道場へ顔を出し様子を見ていたが、「昔に比べたら稽古も厳しくないな!」とよく口にしていた。

平成14年(2002年)10月吉日、ここオーストラリアへ来た。
来豪前に啓心館の支部があるとは高沢正直先生より聞いていたが、「とても厳しく、こっちの者は稽古についていけないぞ!」と色々と話を伺っていた。そんな話を余所に、折角シドニーへ来たのだから挨拶だけでもしておこうというのが正直な気持ちであった。11月初旬、噂に聞いていた内田先生に始めてお会いする事ができた。高沢先生は前以って自分が行くと連絡してあったようである。話をしている内に、実際稽古に参加する事となった。稽古当日、生徒は皆オーストラリア人で、直向きに稽古に打ち込んでいる姿が非常に印象的だった。この日、私は恥ずかしながら道場の稽古についていけず、この日の稽古後、自らの黒帯を返上した。格段にレベルの違いが分かった。これが、高沢先生が言っていた事であろうか。そこに直面したのである。
ある意、恥でもあった。恥を欠かない事を恥じる。オーストラリア人の生徒たちは何を感じたか、日本の啓心館はそんなものか!と恐らく思っていただろう。
そこから、自分との戦いが始まったのである。全て基本からやり直しである。これは日本空手道啓心館の一日本人としての戦いであった。とにかく稽古について行った。真に意味のあるものであって欲しい。自分はこれだけの事をやったんだ。という自分の行為の理由付け。真夜中に危険を余所に人気のない公園で一人型の稽古を何度となくした。また、シドニー道場恒例の深夜0時に稽古が始まり延々と稽古が続き日の出と共に終了する荒修行もやってきた。
それから、3年後、内田先生の厳格な審査の下、改めて初段の證を授与された。

平成19年(2007年)9月下旬、内田先生と一緒に日本空手道発祥地である沖縄本島を訪れた。
そこでは、内田先生の中国拳法の師との関連道場、少林流比嘉稔先生、剛柔流東恩納盛男先生、上地流金城政和先生を訪ねた。沖縄独自の古式鍛錬器具を使った稽古。今も継承されている空手道の原型がそこにはあった。そして、一緒に稽古し汗を流し交流を計った。この沖縄での経験は奥深い日本空手道の原点を顧みる意義のある貴重な滞在であった。

今日まで内田先生の厳しい指導の下で稽古に励み、空手道の武芸の奥深い道というものが、ここオーストラリア、シドニーでは今も正しく伝えられ、オーストラリア人が日本空手道啓心館を背負い勇往邁進している事に誇りを持ちたい。
現在、日本で稽古に励んでいる方々も、これからの厳しい世の中を生きていく為にも、日本を離れ外から日本を見る眼、海外で徹底的に稽古を重ねてきた事が、どんなに意義のある事か特筆すべきでないかと思います。   私はまだまだ稽古が足りない身ではあるが、少なくとも、日本で稽古をしていた頃よりはシドニーでの空手道の修行を通して生き方、考え方の大きな転機となった。

内田先生は、「高段位の證は必要ない!」とよく言われる。ここまで、日本空手道啓心館に心も体も捧げているこの姿にはまったく頭が下がる思いである。

人生は様々な境遇の巡り合わせが絶え間なく起こっている、その瞬間こそが大きな転機であろう。信念を貫き通そうとする人生、信念を持って生きられるか問いただす事、何処に軸を置いているかの人生観の中の人生の実在感。

「生きた證」それは常に進歩していく事、即ち挑戦の連続である。

これからの時代を生き抜くためにも強い体力と精神力を養っていく所存であり、一啓心館会員として空手道を続けてきた意義を痛感するしだいです。

来る平成20年(2008年)8月31日、
山梨県の昭和町総合体育館に於いて開催される第50回記念大会で内田先生名代として『半月(セイシャン)』の型を演武させて頂く事に敬意を払いたい。


日本空手道 啓心館シドニー道場
関口達夫

Wonder SaiKid
In 2005 AUSTRALIA ( VICTORIA State ) : Exchange Culture

Copyright (C) 2004-2011 Taiko Dojo Tenko All Rights Reserved.
無断でこのページに掲載されている記事・写真・映像の転載を固く禁ずる.


スポンサーサイト

温故知新第一義天 「琉球」 ~沖縄唐手古武道~

沖縄正統日本空手道 啓心館シドニー道場
09 /30 2007
豪シドニーより、1年半ぶりの里帰りとなった今回の“郷国”日本滞在の目的は、琉球王国“沖縄”にあった。

故郷、“信濃諏訪”へ僅か2日間程滞在の後、9月21日夜の最終“特急あずさ”に乗る。
岡谷駅プラットホームにはわざわざ、両親が見送りに来てくれた。有り難い。

新宿駅から山の手線浜松町駅へ、そこからモノレール線へ乗り換える。
丁度深夜に羽田空港に到着した。
空港内で仮眠をし夜を明かした。

9月22日10:22AM羽田発~那覇行JAL便へ搭乗する。
正午過ぎには那覇空港へ到着した。

異国情緒漂う琉球王国「沖縄」は、古(イニシエ)の時代より中国との国交が盛んであった。
沖縄市内の住宅玄関先には“シーサー”と呼ばれる獅子が多く見られる。これも中国との交易によってもたらされた慣習で、村や家を災難から守る“魔よけ・守護神”であるという。
なんとも勇ましい守護神だ。
DSCN0332.jpg
「首里杜館(スイムイカン)展示室より」

1429年“琉球王国”が成立し、1879年の琉球王国崩壊に至るまで国宝“首里城”の存在は政治、外交、文化の大きな役割を果たしてきた。
首里城に住む国王とその親族の警備に当たっていた者は、特殊な“唐手道(空手道)護衛術”を学んでいたという。

この首里城は当時の中国文化の影響を最も受けている主要建造物である。
また、1519年に第二尚氏王統第三代王の「尚真(ショウシン)」によって造られた「園比屋武御嶽石門(ソノヒャンウタキシイモン)」は、ユネスコ世界遺産リストにも登録されており、現在は首里城公園内の日本国指定重要文化財として保存整備されている。
DSCN0324.jpg

DSCN0326.jpg

残念ながら、首里城は長い歴史の中で数回に及ぶ大火によって焼失し更には、1945年の沖縄戦によっても焼失したという。
沖縄は1972年アメリカ統治から日本本土に復帰された。その後長い歳月を経て、1992年首里城正殿を含め見事に復元されて、首里城公園開園に至った。
RSCN0341.jpg
「歓会門(カンカイモン):首里城の正門となる。」
DSCN0328.jpg

DSCN0330.jpg
「首里城正殿」

武道、武術の文化についても例外ではなく中国拳法の影響を多分に受け、今日(コンニチ)沖縄独自の文化また芸能として昇華、発展してきている。その主たる文化芸能としては、沖縄舞踊、三線、陶芸、ガラス工芸そして、正統空手道、古武道が挙げられる。

小生、沖縄に空手道を発展させた剛柔流開祖とされる人物“宮城長順”先生のルーツを探求したく、剛柔流開祖直系に当たる先生が居られる那覇市内の空手道場を訪れた。
それは、“東恩納盛男先生”の“東恩納空手道場”である。
この晩見学させて頂いた道場は昔ながらの鍛錬を徹底して反復していた。
独特の空気の中、僅か数名の直弟子達は一心に稽古に打ち込んでいる。汗が頬から大量に流れ落ち床はびしょ濡れである。海外からの稽古生を含め道場全体が何とも言えない重量感に包まれる中、だくだくと汗を流し稽古に邁進している。
日頃見慣れない、この東恩納盛男先生による琉球伝統唐手道古流鍛錬法には言葉が出ない。ただ凝視するだけである。

人間の精神が変容している昨今、この様な伝統を踏まえた伝承を重んじた道場が残っている事に感激したと同時に度肝を抜かれた。凄い、の一言である。
徹底的に締め上げる。
これが正統空手道の真髄と言うべきものなのか。
稽古生皆、礼儀節度がしっかりと徹底されている。

稽古後にお話させて頂いた東恩納先生は非常に温厚な人柄で温かみがある方というのが所感だ。だが、稽古に於ける現実離れした鍛錬法には驚愕した。
自省を促す機会でもあった。
東恩納先生どうも有難うございました。

因みに、私の父は昭和38年(1963年)に沖縄出身で本土へ渡った遠山寛賢先生より空手道初段の免状“許”を得ている。実家で改めて見てきたと遠山寛賢先生からの免状許は今ではとても価値ある物だと考える。
その当時父は、弐段に至るまで稽古をした。良く父は基本動作の繰り返しが肝心だと言っていた事を思い出す。
そして私は父の影響によって空手道を始めた。

現在ここシドニー於いても何とか続けている。
私はここシドニー道場に於いては日本で承った黒帯を先生に返上し、基本から始め直した。
日本人としての誇りでもあった。
東恩納先生著作の書物の中で宮城安一先生の「“段位もいらないし、地位もいらない”。」というお言葉はとても重みを感じる。

今日(コンニチ)の段位が乱発している、歪んだ空手界の現状を見るに、空手道が形骸化されている事を残念に思う。
もっと価値の在るものでありたい。

次の晩、今回沖縄へ一緒に帯同したシドニー道場の先生の系譜に当たる比嘉稔先生と奥様と夕食を共にした。
沖縄本島中部、米軍普天間基地内の会員制アメリカンレストランへ招待された。レストラン内はアメリカと何ら変わらなく、多くの米人が和気あいあいと話しかけてくる和やかな雰囲気であった。食事中での空手道談議の中で、「試合は空手普及の為にはいい、・・・型は試合に勝つ為の型ではない・・・。」とも言われていた。
DSCN0338.jpg

レストラン内のパブで一人の米人が自分の着ているTシャツを見て交換して欲しいとせがんできた。彼は赤い“ナイキ”のマークの入ったTシャツを着ていた。しばらく考えた。陽気な男で悪気はなさそうなので交換した。彼は子供の様に無邪気に喜んでいた。彼の名はLUKE。意外と、交換したこの“ナイキ”の赤いTシャツ、自分に似合う事に気がついた。いい思い出となった。
比嘉先生、奥様有難うございました。

翌日は定期観光バスを予約し、部旧海軍司令壕、ひめゆりの塔、沖縄平和祈念堂、平和の礎、玉泉洞を観光した。
RSCN0353.jpg

DSCN0352.jpg

車中、広大なサトウキビ畑の景色を眺めながら糸満市にある沖縄平和祈念堂、そして1995年、沖縄戦終結50周年忌に沖縄戦最大の激戦地、摩文仁(マブニ)に建立された“平和の礎”を見学した。平和祈念公園から更に歩き、“黎明の塔(レイメイ)”へ向かった。
途中近くの売店で献花、線香を買い霊前へ供えた。
この黎明の塔がある断崖絶壁からは戦中多くの者が身を投げ自決された場所である。
売店の用務をしていた86歳になるお婆様から、沖縄戦での生々しい体験を聞いた。当時の生存者でもある証言は何処か残された者のみが耐えねばならない時間の寂しさを痛感した。今でも惜しまれながらこの地から、次々と安らぎの土地、あの世へ行かれた者達の最後が、生きる勇気をもらったのであろう。今も一緒にいる記憶が沖縄戦での真実を語る。時代は変わっても小生も同じ気持だ。この何物にも代え難い思い残せる現地の人との巡り合わせに感謝している。
DSCN0346.jpg

DSCN0347.jpg

DSCN0348.jpg

ホテルへ戻り、この晩は“古武道”の道場の稽古に参加させて頂いた。“アデク”という沖縄産材木で作製されたヌンチャクで慣れないながらも練習させて頂いた。金城先生御指導有難うございました。

稽古後、首里久場川にある“炉ばた居酒屋「がく都」”で一席設けた。
沖縄郷土料理の味“沖縄そば”、本場のゴーヤー「ゴーヤーチャンブルー」、豚の角煮「ラフティー」、沖縄宮廷料理珍味「トウフヨ」
DSCN0345.jpg
そしてORIONビール、泡盛「瑞泉」と沖縄グルメを満喫した。
DSCN0344.jpg
思いがけない出会いと贈り物に感謝したい。

4泊5日の沖縄滞在。
時代を映し想い伝えていく沖縄“琉球王国”の歴史は、独特の感覚で自分の中でも思いをめぐらせている。
それは、琉球王国発祥の日本伝統正統“空手道”“古武道”という、“沖縄”が世界に誇れる日本伝統文化を通じてである。
来て良かった。

9月26日朝、那覇市内にある老舗武道具専門店“守礼堂”に立ち寄った。
一冊の本を買った。
この本、きっと何か変化をもたらす事であろう・・・。

その後タクシーで那覇空港へ向かった。

12:20pm那覇発~羽田行JAL便で沖縄本島を後にした。
RSCN0360.jpg


2007年9月吉日

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 総合不動産会社としてシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のサポート、事業投資、日本の企業、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid