FC2ブログ

「 Conscience 」 ~時の流れ~

時の流れ(日記)
12 /31 2006
 
taiko1

12月29日(金)夜、シドニーCityにあるローカルパブ
「“マッコリーホテル”」。
(Sydney, Macquarie Hotel, Party Function Room)

甘く緩い(ユルイ)ざわめきの中の流動的な空間だった。
空白の時間。(自選曲があがってこなかった。)
緊張感がない。
断行。総奏時間Half-Hour。(Risa談)
企画者、Yoshi君ありがとう。
今回彼の熱意に打たれ動いた。
(K君のアシストはかなり甘かった。)

taiko2


深い変音の中に裏付けられた確かな色彩。
鮮やかな色彩が、鼓音の水墨画。
大いなる余白の中、緩やかに少しずつの変化を楽しむ。
そこに解釈の大きな余白がある。
聴く人それぞれの感じ方に任せる。
この場を借りて聴衆の皆さんに厚く御礼申し上げます。

ヘッドラインとなるそれぞれのユートピア、理想郷。
タイプ“D”がわかる。 Type D
そこでの色即是空(シキソクゼクウ)の氣(キ)。

日本人の集団の中。
目新しい出会いの中。
集団に流されずに。
自分の意識と存在。
自分の判断で行動。
意味を与える。

マイウェイでないOwn Way。
何が自分に向いているのかなどは、ほとんど分かってない事が多い。
ここでは、しがらみ、世話をやく人がいない。
もろさ露呈(ロテイ)。
アイデンティティーが何処にあるのか。
好きな人、この人の為に?
個性派であれば純情熱的であれ。
生き行く道を、自己責任で選ぶ。
追い詰められないと動かない。
目指す頂(イタダキ)の主体性を理解されると咀嚼(ソシャク)しやすい。

日々の暮らしの為に奏した。
自分の中にある確かな日本的なもの。
自覚的表現領域の貫流探求がある。
大きな変化の真只中。
どんな風に進化しようが。
記憶の底には圧倒的な存在力があった。
元祖“組太鼓”複式複打法。
小口大八宗家御諏訪太鼓は、価値あるものとして永遠に残る。

鼓訓(コクン)、口唄(コウショウ)「“ドン”」「“カッ”」2つのみの音階。
音階のある鍵盤(ケンバン)打楽器とは様相(ヨウソウ)は異なる。
儀瞑想的響(ギメイソウテキヒビキ)から豪快な韻(ウナリ)と轟(トドロキ)に達する時。
未知の音色がある。
正(マサ)しく神と人間が結ばれて創り出される神道芸術。

taiko3


かつて我国が誇った製糸業発祥の地“岡谷”で復元された“御諏訪太鼓奏法”。
混迷の時代、新しい糸を紡ぐ(ツムグ)潮流(チョウリュウ)はイズムの本質となる。
霧から靄(モヤ)の視界の様相。 ~ Modality ~

そのリアリズムはカンシェンス。 ~ Conscience ~

含蓄(ガンチク)する所大なりその形、道義心為。
意思の前に形あり。

event


event2


合掌

End of December 2006




blogrank

天空


スポンサーサイト



「 Mission Beach 」 ~時の流れ~

時の流れ(日記)
12 /25 2006

華やかなクリスマスを迎え終わると、年の瀬が訪れる。
残すところ1週間。

本年度2006年の天命となる自分への“Mission”。
今年5月“Cairns”からの帰路「“Mission Beach”」に立ち寄った。丁度“Cairns”と“Townsville”の中間辺りに位置する。
5月29日、昼時の事であった。

missionbeach


何故か足が向いた。“Mission”という名の響に引き付けられただけ。主要幹線道路“A1”から少し奥まった場所にあった。潮の流れの影響なのか、あまりにビーチが広く感じられ圧倒された。この日はあまり天候が良くなかった為か、人も“まばら”にしか居なかった。

missionbeach2


ふっと立ち寄った場所「“Mission Beach”」が思い出されたこの時期。
2007年の天命が間も無く訪れる。

Merry Christmas!!
Have a great day!


25th Dec 2006


blogrank

天空

Essay 6 「月の町」

Broom ブルーム (WA)
12 /18 2006

~ Broom と一人の潜水夫~  Broom Time
“Broom Airport” 到着 8 月 27 日 19 : 30pm 女性 2 人の出迎えを受ける。何れも Aboriginal Japanese の混血だという。
何となく親しみを感じ、暖かく迎えてくれた。そして、 “Turn Table” から荷物を “Pick Up” する。その中で太鼓台が何らかの影響で壊れていた。
元々廃材で作った自作台である為無論上等な物ではない。

出迎えてくれた 1 人の女性の父親は生粋の日本人でかつての “Pearl Diver” 潜水夫だという。
1955 年、若干 21 歳の若さで 和歌山県太地町 から海を超えここ“Broom” にやってきた。
この方が快く太鼓台修理を引き受けてくれた。
お蔭様で無事演奏する事が出来た。
この方約 8 年間真珠採取ダイバーとして働いたという。
当時は、近代潜水設備のない時代で大変な御苦労があったかと伺い知る事が出来る。
数年で帰国するつもりだったがローカル先住民の女性と結婚した。
その当時結婚に至る話を実家 太地町 の母に話した際、心理的衝撃を受け泣かれたという。
長男として親の面倒を見るといった“シキタリ”が強く、この方も随分悩んだという。
ほんの束の間の昔話を涙ながらに語ってくれた。

私は去る 29 日、日没前に“ Japanese Cemetery ”日本人墓地にて先祖の霊魂を敬う為、一打奏開始する為り。
此れは極秘でもあった。

bloomtaiko


日が沈みかける。
そして瞬に陽が沈んだ。
沈んでもただ一心にひたすら叩き続ける。

日本太鼓師、御諏訪太鼓宗家「日輪燦然(ニチリンサンゼン)として宇宙に輝き、月光蒼煌(ゲッコウソウコウ)として四海(シカイ)を照らす」と祝詞ス。

鼓訓伝、信濃之国一ノ宮諏訪大社太々神楽。

「“神音”」

切れ間なく時早打ち為事 御諏訪太鼓伝承打法「陰陽の桴枹」為。

始まったら最後、ひたすら打ち続ける、たとえ腕指折れ、血吹き肉皮破れ様と容赦せずひたすら叩く。鳴り止むことは無い。

複式複打法祈願感謝勇断然闘争心血炎生命力此点ト為リ(御諏訪太鼓鼓訓道)

無数のキャンドル、 900 人以上に上る無数の墓石の中で和太鼓を一人叩く。

そして、この場に 30 名程の日本人の血筋を引いた、“Aboriginal Japanese” とかつての日本人真珠採取ダイバーが見守る。

今までかつて例の無い日本墓地内での日本太鼓の筆頭、御諏訪太鼓の独奏。

墓地入り口に記念碑がある。
演奏前に一礼する。(故、笹川良一先生、御尽力)

bloomstone


出会った素朴な人柄の一人の日本人と素朴な独奏の叙情的響きと轟に包まれた和の情緒。
人の心が表れ、この一人の日本人の心に風をもたらし太鼓の音色が、人の鼓動を刺激する。
演奏後の余韻の中、私に歩み寄り涙を流しながら深い一礼と共に御礼を述べて下さった。
私の心に喜びと深い情が込み上げた。

“「言葉なくして人の心を打つ」”(鼓一打動為リ)

そして、明くる日出迎えてくれたもう一人の女性の計らいで子供達に “Workshop” を行う。
私の意見も加味し“Aboriginal Child Care Centre”にて現地のちびっ子と大変有意義な時間を送れた。
ちびっ子達は目を輝かせて接してきた。実にピュアである。
協力して頂いた Jo-Anne には感謝申し上げたい。

bloomworkshop


真珠祭当日は “Opening Ceremony” で御諏訪太鼓を独奏させて頂いた。
これも大変有意義なものであった。
和歌山県太地町 との姉妹都市提携25周年記念、 太地町長、議長、在パース日本国総領事(有吉氏)、他参列の下、鏡割りと共に盛大に祝われた。

そして、この晩は “Ball” で “Western Drum” と “African Drum” との即興 “Percussion” 。
何が何だか分からない間に “Jam” は終わった。
何故なら彼らは随分酔っ払っていた。(まあ、いいだろう。)
しかし、音楽に国境は無いというのは真にその通りである。
反面、かつて見た師、小口大八宗家とドラムの王様故、ジョージ川口先生との共演を彷彿させた。
あれは実に見事な共演であったと振り返る。

ここ“Broom”での矢継ぎ早での演奏、映画のロケ、パレード他数多くの出会いの中にも多少のプロテストもある。

これが旅であり、旅の一部に過ぎない。又此人生為。

出会った現地の人々とお世話になった方々に感謝申し上げたい。

WA 州北西部「“Broom”」。
WorldWarⅠ前は真珠養殖産業で栄えた町。
今回 36回目となる「真珠祭」にて御諏訪太鼓を奏する。

実物を見て歩く情緒ある一情景そして、視界に入る無数の名。
900 人以上が眠るという日本人墓地は安らぎと流れを強く感じる。
幾多の災害で年々風化が進んでいるとの事。
故笹川良一先生により景観が復興維持されたという。
過酷な現場と数多く向かい合った先人の活動の真実。
我々或いは将来の世代の為にも残しておきたい誇らしい世紀の遺物と見る。

bloomtorii


さて、次はオーストラリア大陸中心部への移動となる。

I don't know much about Broom. But the Cable Beach for landscapes sunset nothing compares it's just amazed by the fantastic. Since I've visited in Broom I've become more interested in local people. So live life change experience that's the most important of my life which means time and space.

Sadly, once again the Japanese Cemetery has been damaged by young vandals. Some of the headstones have been broken, it is very sad. But I can still walk through and pay respect, the cemetery is quit large and there is a huge memorial to the divers who lost their lives in bad weather during a cyclone.


bloomsunset


つづく。

【月の町Broome 写真館へ】


blogrank

天空

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 日系で最も古い総合不動産会社として1986年よりシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のフルサービスサポート、不動産・事業投資、日本からの起業進出、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・和食レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid/ FSS & RSA
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産オークショナー・競売物件入札認定業者 (Accreditation Auctioneer)