FC2ブログ

「 歓喜の中の無想 」 ~時の流れ~

時の流れ(日記)
01 /21 2007
 

1月18日(木)、日本空手道啓心館オーストラリア・シドニー支部の本年度の初稽古があった。夜7時から2時間の稽古である。

基本動作から始まり応用攻防の組手そして型と一通り行った。
基本動作となるBasicが如何(イカ)に大切であるか痛感する。
基本をひたすら繰り返し“反復”して体に覚えさせる。

かつて啓心館(岡谷)本部の師範であった父(昭和38年に大師範、遠山寛賢先生より段位免状を授かる。)の影響を受け自分も始めた。そんな自分は、かれこれ日豪で10年以上は空手道着に袖を通し血と汗の稽古に励んできた。
組手稽古によるアクシデントで体に残る痛々しい箇所も実際の所かなりある。

ここオーストラリアに於いても振出しから継続してきている。

余談であるが、戦前の“神風”といわれた若者。
特攻隊として飛立つ前日に皆と固い握手をし、盃を交わし我が国日本の勝利を誓う。若くして日本国の為に飛立ち命を捧げた彼らの生き様に比べたら我々は随分甘い環境で育ち生活している。
彼ら“神風特攻隊”の存在が少なくとも今の豊かな日本の姿をもたらしている。
「 神風 」という生き様の精神は時(トキ)に慕(シタ)える日本の歴史的教訓である。この至誠精神は、今日(コンニチ)に於ける日本の経済大国としての繁栄をもたらした流れの一因でもある。
根本的な事象(ジショウ)は武道の精神となる。
武士道から生じ、今以ってこの元来の精神論を受け継ぐ武道家は現在数少ない。

さて、Oz(オージー)並みの太り気味の?大男との稽古は何かと工夫が必要となる。
体格や運動能力も異なる為に体に合わせた工夫が必要となる。
応用と工夫は一連をなすものであるが、再び“基本”に戻る必要がある。
いわゆる「“三磨之位”」(サンマノイ)である。
これが肝要となる。これを繰り返す事で時節因縁(ジセツインエン)が訪れる。
何をするにしても同じ事が言える。
漸次(ゼンジ)保ち合い、ある時フト感じる。

繰り返す事が即ち継続する事であり、其の過程の中で達する。

その境涯(キョウガイ)に歓喜の無想が開ける。


合掌

21st of January 2007

~ Photograph Gallery ~

「 広い空と花の王 」
January 20, 2007 @ Neutral Bay (NSW)


青く澄んで見える空。
雲一つない蒼天(ソウテン)。
こんな日に空を眺めいつも想う。
オーストラリアの空は広大だ。
そんな週末のシドニーの澄み渡る快晴の空模様と
大輪咲き(タイリンザキ)の深紅バラとの融合。

四季の変化は日本ほどはっきり感じられないシドニー。
花景色に向き合いここシドニーの真夏の暑さを感じる。

因みに日本と季節は逆になります。
郷里諏訪盆地は真冬朝晩の気温は氷点下10℃以下。
この日シドニーの日中最高気温37℃で諏訪との最大気温差は実に40℃以上です。

kingofflower


「 洗濯物 」
January 20, 2007 @ Neutral Bay (NSW)


空手道着(ドウギ)を洗濯した。
とても厚手の生地だが、ここオーストラリアの陽光(ヨウコウ)の下(モト)では、この手の衣類も2時間程で乾いてしまう。
因みに紫外線は日本の6~7倍は強いと言われています。
それなりの紫外線対策が必要です。

こんなDryな気候のオーストラリアSydneyには多くのBeachが近郊に点在する。

dougi


2003,日付思い出せない?@ Freshwater Beach (NSW)

かつてサーファーの友人とよくあちこちのBeachへ出かけた。
一時(イチジ)はサーフィンにハマッテいた頃があった。
波をなめたらホント危険です!危険でした。
それから“Beachの砂”、砂浜は日本と比べたらホントに綺麗です。
山国育ちの所為(セイ)か、ここが楽園“Paradise”と思えるのは決して大袈裟(オオゲサ)な表現ではないと思う。
この時、何故かHeineken Beer(ハイネッケン・ビール)のユーモラスな帽子を被っていた。

tatsuoself

freshbeach



blogrank

天空
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シドニー不動産 ☆ 天空(雅号): http://www.heiseirealty.com.au/

これまでオーストラリア NSW州政府公認 法人免許 日系で最も古い総合不動産会社として1986年よりシドニーを中心に幅広い分野で海外移住のフルサービスサポート、不動産・事業投資、日本からの起業進出、個人を問わず様々な方々と多岐にわたる事業を通じて和食レストラン出店開業・飲食店の立ち上げのお手伝いをしてきております。
heiseirealty_nittel.jpg



■■■ 旅人☆旅先のシドニーでおいしい!かわいい!!カフェ・和食レストラン・ファッションとローカル情報いっぱい満載! ■■■


【単独全米48州&全豪一周車で御諏訪太鼓と共に走破!!】

■現在SYDNEY在住の日本男児、信州 郷里 御諏訪太鼓の里より地道な本能的演奏活動を展開中~ 進むべき道を切り拓く、
その土地の香り、そこの風、そこの風景、そこでの出会い縁、
“ 御諏訪版水戸黄門/遍路風土風情録 ”島から大陸へ大陸から島へ行ったり来たり.... の道標“みちしるべ”■
合掌

Photo by Helen @Ayers Rock, Uluru-KataTjuta National Park
on Sep/2006.  (AUSTRALIA : オーストラリア連邦国)



■~ 信濃之国一之宮諏訪大社奉納 無形文化財 御諏訪太鼓を奏する旅 ~■

【車の荷台へ太鼓を積み最寄の町“Alice Springs”から南へ500km車を走らせる・・・】

眼前に広がる赤土の景観と大地の営みに感動 .......

そこは【世界の中心】あるいは
【地球のへそ】と呼ばれている場所である◆世界最大の一枚岩と言われる通称エアーズ・ロック◆そこはオーストラリア大陸中央部に位置する場所・・・

■~ 諏訪人の雄叫び 元祖 御諏訪太鼓 奏■

【世界初、前人未到、非公開、立ち入り禁止区域で特別プレゼンターの誠意によって決まった御諏訪太鼓の披露
■*** UNESCOユネスコ世界遺産 ***■
☆聖域ウルル・カタジュタ国立公園内、アボリジニ先住民の“聖地”に於て☆
世界最大の一枚岩の神秘、大地の恵みと共に元祖 御諏訪太鼓以奏ス】

【天地ノ鼓以心拠為、
やろうとして心働かせれば、そこに心止まる....... 静
以て、水溜まれば下に流れる・・・。
転がる石に苔付かず、
流れる水は腐らない....... 動】

【In 2008, the distance between Sydney, Australia and Los Angeles, California, U.S.A is 7,487 miles (12,049 km). Logged over 40,000kilometres from their front gate in Sydney to North America as U.S.48states, Canada and Mexico on a 55days own road trip】......◆全米・全豪☆独走、独創、独奏、独道の旅路☆本来無一物 謝謝◆

*** 皆様に、シドニーの★かわいい!おいしい!いいじゃん!etc 話題情報満載のご提供をドンドンします!!

・・・日本伝統神道芸術■和太鼓■をもっと身近に感じられるブログにしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。***



弊社WEBサイトへ ➡ http://www.heiseirealty.com.au/
※政府公認のエージェントライセンスを保有しております。
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 ビジネス売買エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産エージェント
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 調理師 (Asian Cookery) & Provide First Aid/ FSS & RSA
◆ NSW州(ニューサウスウェールズ州)政府公認 不動産オークショナー・競売物件入札認定業者 (Accreditation Auctioneer)